水撃解除弁 / 水撃解除弁ユニット



機 種:HA       口 径:20 ・ 50mm
         HA UNIT         20mm 〜 300mm

  
             MODEL HA 50mm              MODEL HA UNIT 80mm  


● 使用条件

   使用圧力:  0〜5.0 MPa
   耐水撃圧:  30 MPa
   使用温度:  0〜60℃


● HAの作動説明

   HAは、一次側圧力と二次側圧力との差圧を約20kPaに保ちます。
   HAの二次側の圧力が一次側の圧力より20kPa以上高くなると、逃し弁は開放され、大気
   中に水撃を排出します。

1. 通常状態(ブースターポンプや圧送ポンプが作動している時)
   HAの中に内蔵されている逆止弁の二次側圧力は、一次側圧力より低くなっています。

2. 水撃が発生した状態(ポンプが停止した時)
   ポンプの二次側から瞬時に逆流しようとします。そして逆流水が逆止弁の弁座部に衝撃を
   与え、ウォーターハンマー音や振動を生じます。

3. 水撃を排水する状態(最初に発生する水撃の直後)
   最初に発生する水撃波が20kPaより大きくなると、HAの逃し弁部から瞬時(0.02秒)に余分
   な圧力を大気中に排出します。


● 一般的な設置例

   HA(水撃解除弁)は、高層ビル等でブースターポンプ停止時発生するウォーターハンマー(水
   撃)を解除します。ブースターポンプとHA設置には落水防止用逆止弁を必ず設置し、落水防止
   用逆止弁のバイパス回路にHAを設置します。HAの排出口から、水撃(水)を排出します。HA
   の排出口を受水槽、排水溝まで配管してください。


● 特 徴

1. 水撃解消は、わずか0.02秒と瞬時です。
2. HAは、ウォーターハンマーの水撃圧を外部へ逃す事で、配管・バルブ・機器・ポンプを水撃圧
   から保護します。
3. HAは、他のウォーターハンマー防止器に比べ構造的に長寿命です。
4. HA設置に関しては、水量・配管延長距離等の計算は不要です。
5. HA20Aは、主配管径20〜80mmに対応します。
6. HA50Aは、主配管径50〜300mmに対応します。




従来方式(図1)とHAユニットシステム(図2)の比較


従来方式の問題点

1. ウオーターハンマー防止タンク設置には、図1の様な大きなスペース、サイズ決定のために煩雑な計算が
   必要です。
2. ウオーターハンマー防止タンク、ピストン型水撃防止器は、最低年1回のメンテナンス(封入圧チェック)2年
   に1回のダイヤフラム交換等高額なメンテナンス費用が継続的に必要です。また、設置には多額の費
   用が別途必要となります。
3. ウオーターハンマー防止タンクでは、逆止弁が機能低下した場合に発生するウオーターハンマーによる衝撃吸収
   は不十分です。


HAユニットシステム採用の利点

1. HAユニットを採用すると、ポンプ室スペースは大幅に削減出来、煩雑な計算は一切不要です。
   (図2)
2. HAユニットは、ウオーターハンマー防止タンク、ピストン型水撃防止器と違い長寿命で、メンテナンスフリー
   です。
3. HAユニットは、逆止弁の機能低下発生時にも、0.02秒以内にウォーターハンマーを解消します。









● 採用実績代表


場 所: JAKARTA, INDONESIA   現場名: PLAZA BII




ジャガルタ市オフィス街にそびえ建つシンポルタワ-




水撃解除方法の説明




縦管に取付けられたHAユニット




地下二階ポンプ室から見た縦管




ポンプ停止後瞬時に排水開始




3秒後に排水完了




ウォ-タ-ハンマ-が解決して喜びの面々





PDF商品カタログ


製品一覧に戻る


お問い合せ



Copyright (C)KANEKOGYO CO., LTD. All right reserved.