お好みの温度から散水が設定できます。
夏の夕涼みはまず視覚からどうぞ♪
降霜時に散水し、意図的に氷結させます。
茶株に付着した水が氷結する際に潜熱を放出するため
新芽を0℃前後に保つことができ、霜被害を防止します。
牛体に水を直接かけてあげることにより、
気化熱を利用した暑熱対策ができます。





←戻る

Copyright(c)KANEKOGYO CO., LTD. All right reserved.